×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

お金を借りる

カードローンでお金を借りる基本情報

人には誰にだってお金を借りる時があるものです。
どれだけ堅く仕事をしている人でも、時にはお金を借りる必要があるものです。
例えば大きな買物(車とか家)をする時、現金でしか売ってくれない物を急ぎで買う時、仕事の付き合いで今すぐ現金が必要等があると思います。
つまり収入が多い・少ない、お金の管理がしっかりしている・だらしない、という個人の状態に関わらずにお金を借りるケースがあるって事ですね。

 

お金を借りる方法はいろいろとありますが、お勧めはカードローンです。
カードローンはお金を借りる目的が特定されていないし、担保や保証人も不要で手続きが簡単。パソコンやスマホからお金を借りる事もできますので、急いでいる時には最適なお金を借りる方法だと思います。

 

このサイトではカードローンでお金を借りる時に知っておくべき基本的な情報をまとめてみました。
今すぐお金を借りる必要がある人も、そうでない人も、参考にして下さいね。

 

お金を借りる為にカードローンの申し込みをすると、ローン会社は、あなたの返済能力を審査します。この審査にパス、つまり返済能力があると認められなければ、お金を借りる事はできないんです。

 

この審査はローン各社が独自の基準を持っていて、お金を貸すリスクを見積もっている訳です。
ここでは一般的にどのような内容で審査を行っているのかを紹介します。

 

1.年収・職業
年収が多いほど返済能力が高いと判断されます。また会社員であれば、一部上場の大手企業に長く勤めている方が返済能力が高いと判断されます。

 

2.年齢
年齢が高い人の方が返済能力が高いと判断されるのですが、60歳を超えると逆に返済能力が低いと判断されてしまいます。

 

3.住居
借家よりも本人名義の持ち家に住んでいる方が返済能力が高いと判断されます。
但し多額の住宅ローンがある場合はマイナス要因となる事もあります。

 

4.借り入れ実績
過去にカードローンでの借り入れ実績がある方が、返済能力が高いと判断されます。もちろん遅延無く完済している必要があります。

 

続きを読む≫ 2013/12/01 11:31:01

カードローンでお金を借りる時に、毎回ローン会社の窓口まで足を運ぶのは面倒だなって思っていませんか?

 

それは大きな間違いなんですよ。いやひと昔前まではそうする必要があったのですが、今は違うんです。
ローン会社の窓口に一切出向く事なく、お金を借りる事が可能です。もちろん返済する事も可能になっているんですよ。

 

パソコンやスマホ・携帯を使ってネットで契約をして、お金を借りる手続きをすれば、あなたの銀行口座にお金が振り込まれます。返済もコンビニATMから返済可能ですし、インターネットバンキングで返済が可能な場合もあります。

 

24時間何時でも、何処でも、利用できるように進化しているのが、今のカードローンなんですよ。

 

続きを読む≫ 2013/12/01 11:31:01

お金は無制限に借りられる訳ではありません。カードローン会社があなたの返済能力や借り入れ実績を審査してお金を借りる時の限度額を設定するんです。

 

銀行や消費者金融の会社は独自の審査基準を持っており、その基準で限度額が一人ひとりに設定される事になります。

 

消費者金融からお金を借りる時には「総量規制」というルールがあります。これは年間収入の1/3以下がお金を借りる限度とするものです。つまり年収が600万円の人は消費者金融からは200万円以下しかお金を借りる事ができない訳です。
尚、銀行が扱っているカードローンはこの総量規制の対象とはなりなせん。

 

自分の限度額の目安はカードローンの申し込み前に簡易診断できるケースがあります。各カードローンのホームページを参照すれば名称はそれぞれ異なりますが、簡易診断サービスが用意されています。

 

続きを読む≫ 2013/12/01 11:30:01

カードローンでお金を借りる前に、お金が必要な理由からカードローンの利用が適切なのかを検討する必要があります。

 

例えば、
・住宅購入やリフォームの為にお金が必要なのであれば、専用の住宅ローンの利用が適切でしょう。
・ご子息の教育の為にお金が必要なのであれば、公的な機関からの借り入れや教育ローンの利用が適切でしょう。
・病気やケガの為にお金を借りる必要があるのならば、公的機関の補助制度(高額療養費制度など)の利用や、生命保険の一時借り入れなどを考えてみましょう。

 

急な入院やケガで急いで現金が必要な時や、思いがけない出費が重なり、生活資金を急いで補填しないといけない場合などはカードローンの利用が適切だと思いますが、次の点に良く注意しましょう

 

1.いくら借りれるか?ではなくて、いくらなら返せるかを考える
2.返済の計画を立てる
3.お金を借りる目的を明確にする
4.借金返済の為にお金を借りる事はしない
5.金利や契約内容をよく確認する

 

 

続きを読む≫ 2013/12/01 11:29:01

実際にどんな人がカードローンでお金を借りているのでしょうか?
みんな内緒で利用している人が多いので分かりにくいですよね。

 

各種実績情報によると約2000万人の人がお金を借りているようです。また年代では30代〜40代が多く、年収では300万円〜500万円が多くなっています。
男性と女性の比率では3:1となっています。

 

これらの実績情報から想定すると、よくお金を借りる為にカードローンを利用している人は、仕事の付き合い等で出費する機会が多いと思われます。

 

 

続きを読む≫ 2013/12/01 11:29:01